だしポットの使い方

1.かつお節、昆布の用意

量の目安は、かつお節約5g、昆布は4cm×4cm程度の大きさです。

(大体写真のような量となります。入れたときは内網に軽く一杯になる程度です)

だしポット使い方01

 

2.素材を内網に入れる

かつお節、昆布を内網に入れてだしポットにセットします。

だしポット使い方02

 

3.お湯を注ぐ

上から沸騰させたお湯を注ぎます。

 「だしポット」は磁器独特の熱の伝導性に注目し開発した商品で、厚手の磁器を採用することにより

沸騰したお湯を注ぐとすばやく放熱し(沸騰したお湯をポットに入れる段階で温度はだしを抽出できる

温度に変化します)、なおかつその後しばらくはだしの抽出に最適な80℃〜90℃に保てるのが特徴です。

これにより面倒な温度管理の必要がなく、失敗なくおいしいだしが取れます。

だしポット使い方03

抽出時間の目安は1分程度です。

使い切れなかっただしは、内網をはずして冷蔵庫に保管しておけばあとで使うことができ便利です。

 


だしポットメニュー

見出し

だしポットの特徴

見出し

製品概観

見出し

使い方

見出し

よくある質問

見出し

お客様の声

見出し

だしポットを注文する


 

 

 

福泉窯・川本治兵衛商店